パルクール

ヴォルト【Vault】技集

vault技集

ここでは、さまざまなヴォルトについて解説します。

ふーくん
ふーくん
よーし、もっと技のバリエーションを増やしたい!
ren
ren
前に説明したヴォルト意外にもたくさんあるから紹介するよ!
パルクールってなに? ここでは、パルクールについて解説していきます。 パルクールとは 街なかにある建物、地形などを障害物と見立て、走る・飛ぶ・...

スピード・ヴォルト[Speed Vault]


スピードヴォルトとは素早く障害物を越える技になります。
上記動画は左足踏切の左足着地になります。
右足踏切に右足着地の方は動画説明の逆バージョンでおこなってください。

1、障害物を越えるように右足を上に上げます。

2、右足を上げたら左足で踏切ます。

3、踏み切ったとほぼ同時に左手を障害物につきます。
※この時、身体を左側(手をついているほう)に倒し障害物とほぼ平行にします。

4、踏み切った左足を障害物越えるように前に出します。

5、ついた左手で障害物を後ろに押し、身体を前に出します。

6、そして前に出した左足から着地をおこないます。

レイジー・ヴォルト[Lazy Vault]
シーフ・ヴォルト[Thief Vault]


レイジーヴォルトとシーフヴォルトとは障害物に対して斜めや横から入り越える技になります。
動画に合わせレイジーヴォルトとシーフヴォルトを同時に解説していきます。
上記動画は障害物を右から左へ越えていきますので左から右に越える人は逆バージョンでおこなってください。

レイジー・ヴォルト[Lazy Vault]

手順はこのようになります。

1、動画のように障害物に対して右側に立ちます。

2、左手を障害物につきます。

3、左足で障害物をまたぐように振り上げます。

4、右足で踏み切ります。

5、右足が障害物を超えたら右手を障害物につきます。

6、右手がついたら左手→右手の順番に障害物を後ろに押し身体を前に出します。

7、身体を前に出したと同時に初めにまたいだ左足から着地を行います。

シーフ・ヴォルト[Thief Vault]

シーフヴォルトは別名『スライドヴォルト【Slide vault】』、『スライドモンキー【Slide monkey】』とも言います。
手順はこのようになります。

1、動画のように障害物に対して右側に立ちます。

2、障害物を越えるように右足を振り上げます。

3、振り上げたと同時に左手をつき左足を踏み切ります。

4、左足が障害物を超えたら右手をつきます。

5、右手がついたら左手→右手の順番に障害物を後ろに押し身体を前に出します。

6、身体を前に出したと同時にはじめに振り上げた右足から着地を行います。

レイジーヴォルトは障害物に対して内側の足を振り上げます。(障害物に対して右側に立っていれば左足、左側に立っていれば右足を振り上げます)

シーフヴォルトは障害物に対して外側の足を振り上げます。(障害物に対して右側に立っていれば右足、左側に立っていれば左足を振り上げます)

ターン・ヴォルト【Turn vault】


ターンヴォルトとは180°身体を入れ変えながら障害物を越える技になります。
上記動画は障害物を左回りで越えますので右回りに越える人は逆バージョンでおこなってください。

1、左手の手のひらがそらに向くように上にし、右手の手のひらは地面に向くように下にしてつかみます。

2、しゃがみ(この時腕は伸ばした状態)少し後ろのぎみに両足で跳びます。

3、左手の上を通るようなイメージ障害物を越えていきます。

4、右手を持ち替えないまま回ってしまうと腕かクロスした状態で着地してしまいますので右手を持ち替え両足で着地します。(この時左手はずっとつかんだまま)

5、一連の動作の間は常に胸が障害物に向くように意識しましょう。

モンキー・ヴォルト【Monkey vault】


モンキーヴォルトは名前の通りおサルさんの動きを取り入れた技になります。
手順はこのようになります。

1、両手を障害物につきます。このとき両手のあいだに足が通りますので足が通れる間隔でついてください。

2、両足で跳びます。このとき足だけで跳ぼうとせず腰から上げるイメージでおこなってください。

3、足を両腕を通すようにして障害物を越えます。

4、越えたら両手で障害物を後ろに押します。

5、押したら両足を前に出し着地をします。

コング・ヴォルト【Kong vault】


コングヴォルトは距離の遠い障害物を越える技になります。

また、コングヴォルトはモンキーヴォルトとはほぼ同じ動作になりますが違う点があります。
コングヴォルト先に踏み切ってから手を障害物につきます。
モンキーヴォルト先に手を障害物についてから踏切をおこないます。
手順はこのようになります。

1、助走(スプリットステップ)をつけて踏み切ります。

2、手をつくところに目線をもっていきます。

3、目線をもっていったところに手をつきます。(両手のあいだに足が通りますので足が通れる間隔でついてください。)

4、足を両腕の間に通すようにして障害物を越えます。

5、越えたら両手で障害物を後ろに押します。

6、押したら両足を前に出し着地をします。

ダッシュ・ヴォルト【Dash vault】


ダッシュヴォルトとは足を前に出し障害物を越える技になります。
上記動画は右足振り上げ左足踏切なので左足振り上げ右足踏切のかたは逆バージョンでおこなってください.

1、助走(スプリットステップ)をつけ身体が後ろにそるようにして右足を振り上げます。(身体が前かがみだと足が上がりません)このとき障害物の近くで振り上げてしまうと足を引っかける恐れがありますので、すこし離れたところから振り上げましょう。

2、左足を踏み切ります。

3、空中で左足が右足に追いつき両足がそろい障害物のうえで座ったような姿勢になります。

4、お尻が障害物の真上に来たら両手を障害物につきます。

5、ついたら障害物を後ろに押し身体を前に出し右足から着地をおこないます。

カッシュ・ヴォルト【Kash vault】


カッシュヴォルトはコングヴォルトとダッシュヴォルトが組み合わさった技になります。
コングヴォルトで入りダッシュヴォルトで抜けていきます。
カッシュヴォルトを行う場合は少し幅の広い障害物でおこなうことをおすすめします。

1、助走(スプリットステップ)をつけて踏み切ります。

2、手をつくところに目線をもっていきます。

3、目線をもっていったところに手をつきます。(両手のあいだに足が通りますので足が通れる間隔でついてください。)

5、足を両腕の間に通すようにして障害物を越えます。

6、越えたら両手で障害物を後ろに押します。

7、押したら両足を前に出します。

8、両手が離れたら再度両手を障害物につきます。このとき両手は無理に前に出すのではなく腰が前に移動したとき両手を下につくようにしてください。

9、両手がついたら障害物を後ろに押し着地をおこないます。

リバース・ヴォルト 【Reverse vault】


リバースヴォルトとは障害物に手をつき障害物上で一回転ひねりながら越えていく技になります。
上記動画は右足振り上げ左足踏切になります。左足振り上げ右足踏切の方は逆バージョンでおこなってください。

1、助走(スプリットステップ)をつけ左足を前に出します。

2、左手を障害物につきます。

3、右足を後ろの振り上げます。

4、右手を180度ひねり(手首が前に向くように)障害物につきます。

5、右手をついたら左足を踏切ます。

6、身体を上に浮かし目線と首を左に向けてひねります。

7、左手を障害物から離します。この時右手はずっと障害物についたままです。

8、右足から着地をおこないます。

9、右手を障害物から離します。

10、左足を地面着地します。
(9,10の着地は両足着地でもかまいません。そのときは右手を離し両足で着地をおこなってください)

ゲート・ヴォルト【Gate vault】


ゲートヴォルトとは、手すり、フェンスに身体をのせ反対側をつかみ側転のような動きで越える技になります。

1、右足を前に出します。

2、左手の手のひらが前に手首が上に向くような形でバーを掴みます。

3、右手を上げ、腰あたりを支点とし、身体がバーに覆いかぶさるように身体を倒します。

4、左足を後ろに上げます。

5、右手を左手とほぼ垂直の位置で反対側のバーにつかみ倒立のような形になります。

6、右足から着地します。

7、右足が着地したら左足を着地します。

8、右手を離します。

9、右手を離したら左手を離します。

ふーくん
ふーくん
わ~!ヴォルトにもこんなにたくさん種類があるんだね!
ren
ren
まだまだこれだけじゃないんだよ!ほかにも合わせ技や派生した技などたくさんあるよ!
ren
ren
また、今回説明した技を自分なりにアレンジしたり、こんな跳び越えかたかっこいいんじゃないかなとか自分なりに模索して技を増やしていくともっと楽しさが広がるよ!